| PAGE-SELECT | NEXT

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

刺激を与える側になる

前にも紹介したシンプル抱っこ紐TONGA。

          IMG_z5044.jpg

これ、フランス生まれのはずなのに、オランダでは全く見かけないんだよね。

これして歩いていると、みんな見てくるので、そんなにライクはかわいいのかと舞い上がっていたが、

ある日気付いた、注目されてたのはTONGAだと。アハ。


「それは何だ?」と聞かれることも度々で、

「フランスのものなのになぜ知らない。ジャパンでは有名だ。」と何度言ったことか。


ほんとシンプルな商品で安いのにめちゃくちゃ使える。

出産祝いに間違いない!!一品です。




                                 IMG_z5044-(1).jpg



アーティストのお友達、貴子ちゃんから本を2冊出したとの嬉しい知らせが。

1冊目は

自転車のまち

自転車のまち

価格:1,365円(税込、送料別)



「自転車のまち オランダ・アムステルダムをゆく」

というタイトルで自転車天国オランダの旅を満喫する為のフォト&エッセイ。

レンタル自転車屋さん、お薦めカフェ、名物などの情報やアムスの自転車ルートマップがついてるんだって。

まだ読んでないんだけど、これは絶対買わなきゃ!!



そして2冊目は

work_176_thumb.jpg


「MIRRORED MEMORIES 」というタイトルのアートブック。

ライデンにあるシーボルトハウスから出版されてニューヨークMoMAのライブラリーコレクションにも入ったのだとか。

すごい!!!

オランダではアムスの書店Boekie Wokieにて閲覧可能。ネット注文はVAN STOCKUMなどから。

日本では恵比寿のナッディッフアパートという書店にて閲覧可能。

取り寄せ注文は青山ブックセンター、恵文社などからできるそう。

(その際にはタイトル、ISBNナンバー9789081287425とオランダideabooks取り扱いの旨お伝え下さい。)


そんな貴子ちゃんは現在妊娠中。

かっちょいい素敵なママが周りに多くて、びんびん刺激を受ける。

私も何かできないかなって思いに日々駆られてます。


自分不器用ですから、、、を言い訳にするのはもうやめよう。


              IMG_z5044-(2).jpg

スポンサーサイト

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | オランダのアート&建築 | 19:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

世界遺産の家とBBQ

昨日会社から家に帰宅している間はオランダVSスロバキアの真っ最中。

道には車が全然走ってないし、天気がよかったのに公園にも人がいないし、

国民の殆どがテレビに夢中だったんじゃないかな。

自転車を走らせている途中カフェに群がる人達の大歓声で試合が終了したことに気付いた。

そのときの一枚。

IMG_4117.jpg

オランダ人ってさわやかに盛り上がるのでいい。危険を感じないもんなー。

このままがんがん勝ち続けてくれたらいいなー。



さて、先週土曜日の記録。

昼間はお馴染みラナちゃんファミリーに誘われて、ユトレヒトのシュローダーハウスに行ってきた。

          IMG_3993.jpg

こちらは世界遺産にも登録されているオランダの建築家リートフェルトの設計した家。

驚くのはこの家、1924年に建てられたってこと。

同時期に建てられた周りの家とは全く異様な雰囲気を放ち、MAD HOUSEと呼ばれていたとか。

IMG_3984.jpg
こちらが同時期に建てられた家、全く違うでしょ。


ガイドツアーを予約してくれていたので、中もしっかり見学してきた。

移動できるパーテーションで部屋が仕切られていたり、どの部屋にも外に出られるドアがあったり、

大きな窓を開放するとリビングがテラスのようになったり、その当時では考えられない斬新なデザインが

いっぱいで終始感心しっぱなし。(残念ながら中は撮影禁止でした)


ここに来るなら絶対ガイドツアーを申し込むべき。

実はナビに間違った住所を入れてしまい道に迷い、予約した時間に間に合わなくて(もちろんその間夫婦バトル)、

もう諦めるかーってなっていたところ、友達が頼んで予約をずらしてもらっていたの。

諦めないでよかった。

ここは中に入らないともったいないです。



見学後は近くの公園でラナちゃんママの作ってくれたおにぎり弁当を頂く。

久しぶりの梅干のおにぎり、自然な甘さの卵焼きが美味しかったー。

そしてラナちゃんとライクの仲よしなことといったら。

IMG_4023.jpg

                      IMG_4008.jpg

IMG_4028.jpg


ほんと楽しそうでしょ。こっちまで笑顔になっちゃう!



夜は友達ファミリーが来て家でBBQ。

炭火焼はもくもくになるけど、やっぱり最高!!!

今回は張り切って美味しいお肉屋さんと市場の魚屋さんでしっかり買出ししてきたのに、あらら全然写真撮ってないや。


途中ライクはまたマイペースに電池切れね、これも恒例。

            IMG_4062.jpg


BBQ日和の気持ちいい天気とかわいい子供達のお陰で、とっても楽しいパーティとなりました。

IMG_4063.jpg

             IMG_4054.jpg


そのお陰でまた飲みすぎ、皆が帰った後即ばたんきゅー。

久しぶりに旦那に怒られましたとさ、、、

はー、パーティの次の日はいつもひとり反省会。

母さん一向に学習しないね。

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | オランダのアート&建築 | 19:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

一緒に踊ろう

昨日はダンサーの友達がやっているWonderlandという「親子でダンス&音楽」イベント

ライクとふたりで遊びに行ってきた。


生の楽器の演奏に合わせてパフォーマー達が踊り、最初は見ていた子供達もだんだん楽しくなって前に出て

一緒に踊るって感じなんだけど、踊っている子供達がかわいくてかわいくて。

IMG_9584.jpg
最初は広々としたステージも


                IMG_9594.jpg
かわいい飛び入りたちで賑やかに。この後もっと子供達が加わってステージはいっぱいになったよ



ライクは膝に座らせて一緒に見ていたんだけど、ライクもずっと真剣に見ているし、途中興奮して身体を振って、

約1時間の間なんだかすごく楽しそうでした。

まだライクには早いかなー、飽きないかなーと思っていたけど、全然そんな心配は無用。


こういうイベント親子で一緒に楽しめるし、積極的に参加していきたいなと思った。

そのうち歩けるようになって、皆と一緒に踊れるようになるのが楽しみだね。




「龍馬伝」「坂の上の雲」「仁」

最近見ている(見ていた)ドラマ。

IMG_9448.jpg


今まで時代劇は苦手だったんだけど、最近俄然面白くなってきて、よく見るようになった。

坂本龍馬はいろんな人が演じているけど、私的には新撰組(NHK大河ドラマ)のときの江口洋介が一番しっくりくる。

福山雅治の坂本龍馬はなんかふわふわしていて、でも好きだけど。

外国にいながら日本のテレビがタイムリーに見れる、便利な世の中になったぜよ。



IMG_9558.jpg

僕のかわいいを見て見て~。

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | オランダのアート&建築 | 18:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

ゴーギャンからみうらじゅん

日曜日も土曜に引き続き天気はよかったのに、めちゃくちゃ寒く。

いつになったらこれを履かずに外に出れるんだろうと思いながらユニクロのヒートテックももひきを履いて、

久しぶりにゴッホ美術館に行ってきた。


オランダの400箇所以上の美術館に入れる年間パスが切れていたので、また新たに購入。

ゴッホ美術館だけでも入場料が14ユーロもするので、年間40ユーロのこのパスはかなりお得。

今年もたくさん美術鑑賞しなければ。


常設のゴッホは今回は素通りして、目的は新館で開催中のゴーギャン展

IMG_9356.jpg


南仏アルルでゴッホと一緒に住んでいたこともあるゴーギャン、

ゴッホの耳を切り落としたのは実はゴーギャンだったという説もある程で、強烈なふたりの芸術の共同生活

はどんなだったんだろうって想像してみたり。


有名なタヒチの女(浜辺にて)や、

300px-Paul_Gauguin_056.jpg


Breton Girls Dancing などもあり、

img_gauguin_bretongirls_lg.jpg


見応えのある作品をゆっくりと鑑賞してきた。


そうそう、この前のピカソ美術館でもそうだったんだけど、ライクも抱っこされながら、しっかり一緒に鑑賞しています。

いっちょまえに興味深そうに絵を覗き込んだりして、その姿、大人っぽくて笑えます。

赤ちゃんのときから、こんな一流の絵画鑑賞ができるなんて贅沢だね。

IMG_9089.jpg IMG_9087.jpg

それにしても寝癖すごいよ、君。




に帰ってからは、ライク大のお気に入り、みうらじゅん&田口トモロヲの大脱走を鑑賞。



どうなのよ、どうなのよ、この格差。


ま、何事も間口は広くってことで。

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | オランダのアート&建築 | 18:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

アート三昧な週末

出産までカウントダウンに入ったので今のうちに行っておきたいところ、小さい子がいたら行き難くなるだろうとこはどこだろう、真っ先に浮かんだのは美術館

ということで先週末は2件美術館へ。

まず金曜の夜は22時までオープンしている(通常は18時に閉館)ゴッホ美術館へ。

既に10回は行っているので本館は通り過ぎて新館で催されている「Avant-gardes '20 | '60」へ。

現在改装中の近代美術館のコレクションのうち20年代、60年代にスポットを当てた作品が展示されていた。
IMG_4172.jpg IMG_4175.jpg



が、思ったより展示数が少なく正直全然物足りなかった。

この近代美術館、私がオランダに来た2年半前にも既に改装中でずっと仮設展示をしており、当初は2006年には完成する予定だったのに未だに完成していない。オランダではよくあること。

        IMG_4176.jpg
新・近代美術館完成模型、バスタブにしか見えない。

2010年初めには完成するとのことだが、どうなることやら。



そして日曜日はエルミタージュ美術館へ。

これはロシアの王侯貴族の収集品を展示しているサンクトペテルブルグにあるエルミタージュ美術館の分館となり、先月20日にオープンしたばかりの今、旬な美術館。

とあって入り口はこの行列。
    IMG_4204.jpg

並ぶの大嫌いなので普段だったら絶対諦めるけど、今日を逃したらいつ来れるかわからないと思ったので、諦めて並ぶことに。結局入るのに50分くらいかかった。

この美術館、前は300年以上も老人ホームとして使われていた古い建物なんだけど内部は斬新にリニューアルされていてかっこよかった。
             IMG_4209.jpg


2010年1月末までは「ロシアの宮廷での生活」をテーマに1800点以上もの豪華な衣装、宝石類、絵画などが展示。50分並んだのもまあいいかって思える程、見応え充分だった。

それでもエルミタージュ所蔵品のほんの一部なんだから、いかにロマノフ王朝が力を持っていたか、恐れ入りました。

      IMG_4212.jpg
この後、写真は撮るなと怒られたので撮影禁止みたいです。ならそう表示してくれればいいのに。


日本では全く美術館に行く習慣なんてなかったのにこっちに来てから結構行っている。

というのもオランダ国内の約400の美術館に入場できるパスカードが年間35ユーロなのでこれを利用しているから。

行けば行くだけ得だとなると暇なときには行くかという気になる。日本でもこれやって欲しい。


そう言えば帰り際に気付いたんだけど、50分も並んだエルミタージュ、裏から並ばずに入れそうな抜け穴発見、、、

こういうとこゆるいんだよな。

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | オランダのアート&建築 | 10:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。