| PAGE-SELECT | NEXT

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

初めての鍼

生まれて初めて鍼治療に挑戦しました。

hari3.jpg



原因不明の頭痛に悩まされてたうちの旦那が、鍼治療に通って劇的に快復する姿を身近で見て、

デスクワークからくる肩こりに地味に悩まされてた私は俄然鍼をやってみたくなっていた。

ただ先の尖ったものが苦手な私、自分に打たれてるのはもちろんテレビの注射のシーンでさえまともに見れないくらい。

そんな私が悩みに悩み、ついに旦那がお世話になった先生、Raffles Medicalの日本人、渡邊先生の鍼にいってきました。


まずは問診で肩こりが酷くて頭痛がする、慢性的な目の疲れなどの症状を話す。

そしてベッドの上に仰向けに寝るやいなや、足の脛、お腹、腕と身体の表面にみるみるうちに鍼が刺されてゆく。

あまり何も感じないところもあれば、ちくっとしてズブっと痛いところもあったり、

神経がビンビン刺激される場所もあったりと、次のひと鍼がどうくるか予想もできず、

手に汗を握りながら打たれるがままに打たれる私。

時折我慢できず漏れる「ううっ」という声。


そして顔。

先生の治療は何か所打っても料金が一律らしく、どうせやるなら美顔効果もある顔もやりましょうってことで

顔もやってもらうことにした。

顔は皮が薄いからか、身体以上にちくっと感が大きく、顔中に注射を打たれている気分。

「痛いっ!痛いっ!」ってひと鍼ごとに叫んでるのに先生の動きは変わらず。

先生、かなりのドSと思われる。

顔、頭も打ち終わった後、写真を撮りましょうかとおっしゃる先生にお願いして撮ってもらった写真がこちら。
不快な写真をほんとすいませんが!




hari1.jpg

ひーーーーーーーーっ。

「ははは、これはすごいね。少し演出入っちゃいましたね。」と先生。

演出かーーーーーーーーーい!!!

それから全身に鍼が刺さったまま放置されること15分。

初めは頭が痛く、落ち着いてきたなーと思ったら足、顔、頭、腕といろんな箇所で順番にズキーン、ズキーンとしたり、

あったかくなったり、引っ張られる感じがあったりとじっとしているだけなのに

(いや、鍼が全身に刺さっているんだけど)身体中の細胞がざわついているのを感じ、

今までに経験したことない不思議な15分間を味わう。


そこへ先生が「どうですか、眠れました?」と戻ってきた。

眠れるかーーーーーーーーい!!!


表面の鍼をさくさくと抜いて次はうつぶせになって裏面へ。

裏面もやばかった。

別に痛くないと思っていた腰もかなりきてたし、一番の悩みの肩はもちろん、

気を失う人がいるというのも納得の首はズドーンと衝撃の痛みでした。

そして最後に後頭部をズブズブ容赦なくさされるというクライマックスを迎え約1時間半の施術は終了。

施術後すぐに目がぱっちり開いている感覚があり、顔色もよくなったのは即効感じました。

その後、4日くらいはマッサージでいう揉み返しみたいな身体が重いような状態が続き、それが終わった途端、

ほんとにスッキリ!!!

今まで肩に一枚板が入っているような突っ張っていたものがすっかりなくなり、身体全体が軽くなりました。

この施術を2回して今かなりいい状態をキープしてます。

マッサージや整体より、よく効いて効果が長続きする。

マジで怖かった、痛かったけど、こんなに効果があるなら、

またほんとにやばくなってきたときにはお世話になろうと思う。

hari4.jpg


因みに料金は全部で100ドル(約8,000円)、Rafflesというちゃんとした病院だし、

全身やってもらえばかなりお得でおススメ。


でもほんと、痛いから覚悟してね。





季節感の全くないシンガポールで今年も年末感を全然感じていませんが、

hari5.jpg


皆様、素敵なクリスマス、お正月をお迎えください!

       hari2.jpg


このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | シンガポール雑記 | 23:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

結局ポジテイブ最強説

シンガポールはお金がかかるよって話をしたけど、実際どんなもんなのってもうちょい詳しく話します。


一番きついのが家賃。

シンガポールに来た当初に住んでいたのはHDBといって日本で言う公団だったんだけど、

それでも日本円で月20万円以上払っていた。

今住んでいるコンドミニアムタイプになると、だいたい30万円から。
(うちは郊外の最低レベルのコンドなのでそこまではしないんだけどね。)

自分の資産になる持ち家ならともかく、賃貸でそんなに出すのはほんとにもったいない。

最近は家賃も少しだけ下がってきたけど、それでもまだまだ私たちとっては高すぎる。

            singaorejijyou2.jpg


そして教育。

ライクの通っていたローカルの保育園は月1,000ドル(8万円)、乳幼児だと月1,500ドル(13万円)が相場だって。
(シンガポール人は政府から援助があって、収入によってだけどこれより安くなるみたいだけど。)

インターなんて行ったら月2,500ドル(21万円)くらいいっちゃう。そんなのうちは問題外。

singaorejijyou4.jpg


車もめちゃくちゃ高い。

車そのものも高いけど、ここでは政府が車の数をコントロールする為に車に乗る権利を数百万円で買わないといけなくて、

それと合わせると例えばカローラですら1000万円くらいするらしく、、、とてもじゃないけど手が出ない。

でも街中にはポルシェやランボルギーニがばんばん走ってるからね、一体いくらするんだろ。

食費だってホーカー(フードコート)で食べれば安いけど、それ以外だと日本より高い感覚、

更にアルコールに係る税金がべらぼうに高いのでお酒を飲めば日本よりよっぽど高くついちゃう。

singaorejijyou1.jpg

あるとき「ここにいると普通の生活しているだけでお金がかかってしょうがない、ほんと大変だわ。」

って旦那に嘆いていたら

「でもさ、今親子留学とか流行ってるじゃん。うちも親子留学してると思えばいいんじゃない。

少ないながらもお金もらいながら、親子留学できるなんて最高じゃん。」って。


うおーーーー出た、超ポジティブ野郎な旦那の発想。

でもいいね、それ採用。

って思う私も超単純。

何事も気の持ちようなのです。

ポジティブ思考でないと外国じゃやってけません。

            singaporejijyou5.jpg

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | シンガポール雑記 | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

出産費用公開しちゃう

もう出産から10カ月以上経ってしまって今更だけど出産費用の話。

シンガポールでの出産は結構かかるよと前々からよく聞いていて、普通の自然分娩でも

少なくともトータル100万円くらいはするよとのことだったので結構びびってた。

日本人の先生が診てくれる日本人に人気の私立の病院もいくつかあるけど、そういうところはもちろん高くつくので、

私立よりは安い政府系の病院Singapore General Hospitalを選んだ。

安いと言っても料金はシンガポール人と外国人とでは違って、外国人は割高になるんだけどね。

         病院コスト2


まず出産する日に前金で30万円くらいを支払っておいて(うちはクレジットカードで支払った!)、

しばらくして料金が確定したら請求書が家に届くっていう流れ。

その請求書がうちに届いたときは、封筒を開けるのにドキドキしたよね。



そして開けてびっくり。

思っていたよりだいぶ安いの、いい方向でのびっくりね!


もう嬉しくて舞い踊ったくらいなのでここに詳細を公表しちゃう。

じゃじゃーん。

Leave-Form.gif


私の場合、出産前の診察は11回あって約15万円、出産そのものの費用は約35万円でトータル約50万円なり。

覚悟してた金額の半分だよね!


診察はいつもパパッと5分くらいで終わっちゃうけど、まあそれは私が順調だったからで問題があればちゃんとしてくれるだろうし、

出産もかなりスムーズに進んで驚くほど楽ちんだったし、全くもって不満はない。

そりゃ私立の素晴らしい病院に比べたら部屋がしょぼかったり食事がいけてなかったりするんだろうけど、

たった1日だけのこと、私には正直どうでもいいし。

                病院コスト3


なんてったって、あのリー・クアンユー氏がお亡くなりになる前に入院していた病院だよ、立派な病院でしょ。

(しかも私が出産していたときも入院されてた)

駐在で会社が手厚く補償してくれる方ならともかく、自費で全部払わなきゃいけない方にはお薦めよ、SGH。

外国人のシンガポールでの出産コストとしては最安値をいってる自信があるわ!

ということでやったね私!っていうお話でした。ちゃんちゃん。

病院コスト1

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | シンガポール雑記 | 22:14 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

新しいお手伝いさん

実は先日メイドさんを変えました。

前のミャンマー人のメイドさん、毎日掃除しているはずなのに床はいつもなぜかざらついているし、

汚れている場所をいちいち指摘しないと掃除してくれないし(掃除終わった後でもしっかり綺麗になってない)

料理もできないし(これは私がやるからいいのだけど)コミュニケーションがうまくできない。

毎日夜中遅くまで電話してるから、昼間仕事中にうとうと寝てることも、、、

何より赤ちゃんの世話がダメで話しかけたり遊んであげたりができないので

このままではカヤの成長に支障が出るなと思い、変えることにしました。

何度同じことを注意しても変わらないし、学ばないので、最後の方は目がぴくぴくするくらいストレスになっちゃって。

新メイドさん2


今回もいくつもメイドエージェンシーをまわり、たくさんの人と面接や電話インタビューをして、

最終的にフィリピン人の明るそうな人に決めました。

今回重視したポイントは明るくて子供の世話が好きな人。

最初に彼女と電話で話した時に、うちには赤ちゃんがいるんだけどといったら嬉しそうに

「I love baby!」と言ってくれたのが決め手かな。

そして彼女を家に連れてきた日、掃除の仕方などいろいろ教える為に私は会社を休んだんだけど、

うっかりカヤと一緒に昼寝しちゃって起きたらびっくり、家中見違えるようにピカピカ。

昼寝して起きたら家がピッカピカとか魔法じゃないでしょうか。

その日帰ってきた旦那も家の中を2,3歩歩いただけでその違いに気付いたって。

こちらがお願いしてないことも自ら動いてやってくれるし、安心して家の中のことを任せられてほんとに助かってます。

彼女は今までに香港、台湾、ドバイでメイドさんとして働いたことがあって、

みっちり仕事のやり方を教わっているからこちらが指示出ししないでも完璧なの。

自分にも子供がふたりいるし、赤ちゃんがいる家庭で働いたこともあるので、赤ちゃんの世話も上手。

夜はフィリピンの家族に電話したらすぐ寝て、もう少し寝ててもいいよと言ってるのに6時前には起きて動いてる。

カヤに積極的に話しかけて遊んでくれるし、ライクの相手も上手だし、

メイドさんによってこんなに家の雰囲気が変わるもんなんだと感心してます。

         新メイドさん1


がんばって働いてくれてるとこちらも嬉しくて自然と彼女によくしてあげたいと思うものね。

前の人に比べてだいぶ待遇よくしてあげてます。

私も働く身として学ぶべきことがあるわー。

メイドさんを変えるにあたってまたも結構なお金がかかってしまったけど、

もし最初から彼女が来てたらそれが当たり前だと思って私もこのありがたさに気付かなかったかもしれないし、

最初の失敗があってからのこの流れでよかった。


彼女には長く働いてもらえるといいな。

ほんとほんと感謝です。

新メイドさん3
↑これは4ヶ月前のカヤ。最近はもう髪の毛もほぼ立たなくなっちゃいました。


そしてついにプールデビュー。

楽しかったみたいでまずまずのスタートです。

さすがの南国産。

新メイドさん4

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | シンガポール雑記 | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

メイドさんがやってきた

ついにメイドさんとの生活が始まりました。

どうなることやらとかなり不安だったけど、今のところとってもいい感じ。


少々とろいのと英語があまりできないってのはあるけど、真面目に仕事してくれるし、純粋で素直だし、

悪いことはしないんじゃないかなと信頼できそう。

うん、それが何より大事。


仕事から家に帰ったら、私が保育園にお迎えにいかなくてもライクがうちにいて、

毎日家の中が綺麗なのが何より最高!

前は週末くらいしか掃除できなかったから、週末になるにつれて家の中が荒んできて気持ち悪かったし、

ライクを早めに迎えに行ってもらって外に遊びに連れていってもらえるのはありがたいし

ライクもめっちゃ嬉しそう。

       メイドさんがやってきた1



料理だけは基本私がやることに決めてるけど、助手として手伝ってもらってるので前より手際よく進んで、

格段に夜の時間に余裕ができた!

今までどうしてもライクの寝る時間が10時頃になってしまってよくないなーと思ってたけど、

9時に早められるようになったのも嬉しい。

と、今のところいいところずくめ。



そしてそして今回、旦那方のお父さん、お母さんが産後に来てくれることになりました。

メイドさんがいるから必要ないかなと思っていたけど、メイドさんの料理は期待できないし、

お母さんのごはんが食べられると思うととてもありがたい。

前回のオランダでの産後は旦那とふたりだけだったのでそれと比べるとなんて贅沢。

前回はやっぱりなんだかんだ動いてしまったけど、

今回はできる限りベッドの上で過ごさせてもらおうと思います。

歳が歳なので、あとあとひびくのが怖いからね。


ということで何の心配もなくお産に挑めそうでありがたいよ。

メイドさんがやってきた2

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | シンガポール雑記 | 23:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT