| PAGE-SELECT | NEXT

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

2連チャンで美味しいものデート

ちょっと用事があって、旦那とあわせて午後休みを取ったある日、

せっかくだからランチがお得なお店に行こうと、ずっと気になっていたTapasのお店「ESQUINA」に行きました。

スペインのミシュラン☆つきレストランで修業してきたシェフのお店で、

シンガポールのタパスの中ではナンバーワンの店。

夜は混んでるし、タパスにしては高い印象だったのでなかなか行く勇気が出ず、

お得なランチは平日しかやってなくて行ける機会がなかなかなかったので、この機会にと思って。

ランチコースは2コースが28ドル(2,200円)4コース38ドル(3,000円)なのでここは迷わず4コースを。

といってもコースの最初の1品は一口サイズだったり、その他もタパスなので量が少なく、

デザートまで食べてもなんだかまだお腹空いてるねって感じで全然物足りない印象で終わりました。

お料理はどれもこれもすごい凝っていて美味しいんだけどね!

         burntends1.jpg


でもなんだろ、凝っていて味も絶妙なんだけど、素材の鮮度が足りないというか。

シンガポールはローカルの素材が豊富ではないので、多分ヨーロッパなんかから材料を輸入していて、

やっぱり少し鮮度が落ちてしまうんだろうな。

日本の新鮮な豊かな素材を知っている日本人にとっては、なんかちょっと残念な感じが否めなかった。

旦那がビール、私は白ワインを1杯ずつ飲んでお会計は120ドル(9,600円)。

うーん、ランチでこの値段払ってお腹いっぱいになってないのはちょっと高いな。

ずっと行きたかったお店に行けてよかったけど、期待以上ではなかった感じ。

美味しかったんだけどね。



そしてESQUINAに行った次の日はなかなか予約が取れない炭焼きの店、「Burnt Ends」の予約が取れたので、

ちょうどお付き合い17年を口実にデートしてきました。

このお店、世界のベスト50レストランにも入っている人気店で、向こう3か月の予約しか取らない、

しかも夜は18:00か18:30の予約しかできない、で週末の夜に予約するのが至難の技で、

うちも約3か月待って土曜の夜の予約をゲット。

Esquinaもそうだったけど、活気のあるオープンキッチンのお店って、

カウンターテーブルに座って観察するのがおもしろいし、楽しくて大好き。

burntends2.jpg

(だから回ってないお寿司屋さんのカウンターが世界で一番好き!)

物凄く期待大で行ったけど、期待を裏切らない美味しさでした。


Leek, hazel nut and brown butter西洋ネギのバターソース、ヘーゼルナッツのせ
burntends4.jpg
バターがたっぷり濃厚だけども飽きない味。

Burnt Ends’ Sanger ポークとコールスローのサンド
burntends5.jpg
ほぐした豚肉が柔らかくて、少しジャンクな味だったけど、コールスローとの絶妙なバランスがうまい。

Suckling pig and cider子豚焼き
          burntends6.jpg
外はカリカリで中はジューシーでさすがの絶妙な焼き加減。

Onglet Burnt onion and bone marrow牛サガリ肉、玉ねぎと骨髄ソース
burntends7.jpg
子豚が結構なボリュームだったから食べきるかなと思ったけど、とろっとした骨髄とミディアムレアの大好きな焼き加減の

お肉のハーモニーがたまらず、あっという間にペロリ完食。

改めて写真眺めても肉肉しいけど、バーベキューのお店だからね。肉食べないと肉!

これに旦那がクラフトビール2杯、私はクラフトビール1杯とジントニックを飲んで

お会計は220ドル(17,000円)くらい。

こんなちゃんとしたレストランなのに珍しく10%のサービスチャージは取らない、でも気持ちの良いサービスだし、

全部美味しかったので大満足のディナーとなりました。


そういえばサーブしてくれた女の子がシンガポールにしては珍しくめちゃくちゃ美人さんだった!

こういうお店って一回行ったらもういいかなと思うんだけど(他にも行ってみたいレストランはいろいろあるしね)

また行きたいなと思うお店でした。


でもやっぱり、日本で日本の素材を使って料理してくれたらもっと最高なんだろうなと思っちゃったよ。

たまには夫婦ふたりで美味しいものをゆっくり食べる時間は必要ね、と改めて思いました。

さあ、次はどのお店に行こうかね。

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | シンガポールの食べ物 | 22:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

板についてきた弁当生活

今年小学生になったライク。

bentoseikatsu11.jpg


小学校では給食を出してくれないから、毎日弁当を作ることになった。

と言っても前の日の残り物を入れて、おにぎりを握って、おかずが足りなければ卵焼きを焼くくらいなんだけどね。


どうせお弁当作るなら1個も2個も変わらないってことで私も漏れなくお弁当生活が再開しました。
(お昼休みにせっせと乳搾りしなきゃいけなかった時期もお弁当生活してたから再開)

ライクの家を出る時間も早くなり、今までより20分も早起きしなければいけなくなり、

めんどくさいわーと最初は思っていたけど、慣れてくればお弁当のが断然いいわ!

シンガポールも5年目となればホーカー飯もさすがに飽きてくるし、何よりヘルシーだしね。

          bentoseikatsu6.jpg


どうせなら旦那の分も作って旦那の健康管理(建前)とランチ代を浮かせたい(本音)ところだけど、

頑なに拒否されてる。

昼休みくらい外の空気吸って家庭とは違う味が食べたいっていうのもサラリーマンとして分かるから

無理強いはしないけどね。


ということで最近の私のお弁当コレクショ~ン。

唐揚げモリモリ弁当
bentoseikatsu1.jpg

とんかつ弁当
bentoseikatsu3.jpg

茹で鶏弁当
bentoseikatsu4.jpg

一杯やりたくなるおでん弁当
bentoseikatsu2.jpg

ステーキ弁当
bentoseikatsu7.jpg

珍しく白米だった日の日の丸弁当
bentoseikatsu9.jpg


メイドさん特製ミートボール弁当に常備つまみのレバー弁当(レバーって弁当にあり?)
bentoseikatsu5.jpg



はい、公開するほどのもんじゃあないけど、毎日がんばってるよーっていうアピールです。


これでも最初の頃のほぼ茶色一色弁当に比べると随分グッドルッキングになったんだよ。

枝豆とプチトマトを入れるだけで彩りよくなるってことに気付いてね。


そしてお気づきでしょうか、私の無類のたまご好きに!

枝豆、たまご、プチトマトでお弁当の信号カラーで彩りよく。

すっかり習慣づいたのでこれからライクの弁当が続く限り弁当生活でやってくつもり!




全然関係ないけどカヤは積み木をちゃんと積む人。

ライクがこれくらいのときは積み木は積まずに壊す専門だったけど。

誰に似たんだか集中力があって几帳面なんだよな〜。

何より、唯一買った高いおもちゃ(2万円くらいした!)のアムステルダムの街モデルの積み木が

無駄にならずに母さんは嬉しい限り!

      bentoseikatsu8.jpg


そしてカヤも私の絶壁頭に似ずに頭の形がよいのも嬉しい限り!

bentoseikatsu10.jpg
この綺麗に丸い後頭部がほんとに羨ましいのです。








このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | シンガポールの食べ物 | 00:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

16周年にかこつけて

先日旦那とお付き合いして16周年記念を祝いに子供らをメイドさんに託してディナーデートをしてきました。

祝16年5


ちょうどその前の週に発表されたアジアのベストレストラン50で38位になったWild Rocketというお店。

このランキングにはシンガポールからは10店レストランがランクインしているんだけど、

その中で一番お手軽そうなお店をセレクト。


お店で飲み過ぎないように(アルコール類は特にお高いからね)家で軽く、いやかなりひっかけて行き、

いい感じになったところでレストランに到着。


話題のお店だけあってテーブルは全て予約のお客さんで埋まっていました。

私たちは前菜、パスタ、メイン、デザートの4コースから其々別々の1品を選びシェアしました。

それと白ワインをもちろんボトルでオーダー。

お料理はモダンシンガポール料理ってなっていて、シンガポール名物ラクサ風味のチリが聞いたリングイネや

               祝16年2

イベリコ豚のチャーシューなんかもあるんだけど、

祝16年3

パスタに桜エビが入っていたり、玄米ごはんがオカカふりかけみたいな味がしたり、

                祝16年1

日本の要素もかなり取り込まれていました。

日本酒飲んでるお客さんも多かったしね。

今までに食べたことのない味ばかりだったし、多すぎず少なすぎずで量がちょうどよかったし、

4コースで75ドルなんてシンガポールでは破格だし、楽しい時間を過ごしました。
(正直また行くかって言われたら微妙だけど)

祝16年4


子供なしで夫婦ふたりでゆっくり食事を楽しむなんてほんとうに贅沢なことをさらっとできる環境に感謝しつつ、

また何かイベントごとにかこつけてお出かけしたいと思います。


このお方、なかなか激しくて外食はまだまだ楽しめないからね。
祝16年7

ライクは大人しかったからこの時期でも一緒にがんがん外食してたんだけどね。
          祝16年6


ま、たまのおデート楽しませてください。

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | シンガポールの食べ物 | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

もはやあいつのとりこ

先日ついに禁断の果実に手を出してしまいました。

ド・リ・ア・ン!

初ドリアン1


かれこれ20年ほど前にマレーシアに遊びに行ったときに一度食べてみたことがあるんだけど、

まだ酒飲みになる前のひよっこだった私は、その強烈な臭いにやられてしまい、一口でギブとなってしまって。


シンガポールに来てからも、果物屋やスーパーで相変わらず強烈な存在感を見せつけるあいつが

ずっと気になってはいたのだけど、なかなか手を出せずにいたの。

アルコールと一緒に食べると死に至るケースもあるくらい食べ合わせが悪いらしいから、

週に6日(←ほぼ毎日やないかい!)はアルコールを体内に取り込む私はいつ食べる?っていう問題もあったし、

バスなど公共の乗り物に持ち込むことが禁止されてるので(たまに無視して持ち込んでるおばちゃんとかいるけど)

どこで買う?っていう問題もあったし。


でもある先日の休肝日、いつもはバスで行くスーパーに自転車で行っていて、

果物売り場でドリアンを威勢よく売ってるお兄ちゃんを見て

「今買わなきゃいつ買うの?今でしょ!!!」(←もう誰も言ってない、、、)

ってなったのです。

       初ドリアン3


颯爽と自転車でドリアン臭をふりまきながら、家に帰り、早速食べてみました。




「何これ、うまーーーーーいじゃーーーん。」

臭いもね、口に入れちゃえばそんなに気にならなくて、濃厚でクリーミーな果肉がたまらん。

うおーーーー、これが果物の王様の実力か、恐れ入った。

ただし、食べた後もずっと胃のあたりが熱く、こみ上げるゲップのドリアン臭がひどいのは頂けない。

それも慣れると愛おしくなるのかしら。


食べられる日が限られるから(やっぱりアルコール>ドリアンでしょ)しょっちゅうは食べられないけども、

しばらくはまりそうな予感。

因みにライクは食べようともしてくれませんでした。

ふふ、まだひよっこね。

初ドリアン2
↑こちらはただのサンドウィッチです。

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | シンガポールの食べ物 | 23:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

我が家の食卓、1週間。

「ごはんとかちゃんと作ってるの?」って聞かれるけど、いちお作ってる。

最近はホーカー飯にも飽きてきたし、テイクアウェイもそんなにせずに結構毎日作ってる。

他の家事は殆どやらないけど(サンキュ旦那)皿洗いも含めたキッチン作業だけは嫌いじゃないしね。


とは、言っても仕事終わってライクを保育園からピックアップして、家に帰るのが6時半、

そして旦那が帰ってくる7時過ぎには食べられるようにしたいから、

料理にかけられる時間がなくて凝ったものは作れないし、基本大雑把なんで雑料理ですけども。


でもいちお作ってるよってことで、うちの夜ごはんがどんなもんか1週間分を公開しちゃいましょう。

月曜日
gohan1.jpg

豚の生姜焼き、ほうれん草胡麻和え、モッツアレラサラダ、発芽酵素玄米、芋焼酎

最近、玄米を発芽させて更に酵素玄米になるように炊いてる。

これがほんと美味しくて、朝はこれを食べたくて起きるくらい。

みんなに一度食べてもらいたい。


火曜日
gohan2.jpg

辛い系とクリーム系の2種類の鮭ホイル焼き、おくらじゃこ納豆、豚汁、発芽酵素玄米。

この日は休肝日の為、お酒はなし。

豚汁は前の日の夜から味噌入れる直前までを仕込んどきました。

時間短縮の為、煮物系は前日の夜に下ごしらえしちゃう。


ライクがおくら好きなので、おくらは結構食卓に登場する。

それにしても地味だね。


水曜日
gohan3.jpg

ほぼ野菜の鍋を泡盛と。

お肉は100グラムくらいしか入ってない。

常夏のシンガポールだけど、鍋は週イチくらいで食べてる。

野菜がたくさん食べれるからね。

おろした山芋をたれに和えて食べるのがブーム。

ナツメ、クコの実などの漢方を入れちゃうのもブーム。



木曜日
gohan4.jpg

鯖の塩焼き、セロリとズッキーニと帆立の塩炒め、アボカドとミニトマトのマリネ、野菜のおかゆ

この日はライクが風邪をひいてしまったのでお粥にしたのに、結局食べてくれなかった。

それでも私は白ワイン飲んだけども。


金曜日
gohan5.jpg

ガパオ、シーフードのカオマンガイ(ココナッツ系スープ)、ソムタム(サラダ)

金曜なので泡あけちゃいました。

ライクの看病で会社を休んだ為、この日はいつもより料理に時間をかけられた。

更にライクが食欲ないのをいいことに久々に辛いタイ飯を。




土曜日
gohan6.jpg
牛フィレステーキ、たらこアボカドディップ、サラダ、オランダのヤギのチーズ、バゲット、昨日の残りの泡と。

ステーキは3人でこれ1枚、200グラム。

昔はひとり200グラムいっちゃってたのにな、年を感じる。

すっかり元気になったライクはアボカドディップをバゲットにつけてたくさん食べてたよ。

ライクがこの1週間で一番食いつきのよかったメニュー。


日曜日
gohan7.jpg
夕方まで買い物に出てたので手抜き。

人参のきんぴらだけ作って、後は高島屋で買ってきた寿司と焼き鳥。

芋焼酎で週末を締めました。


そう言えばこの週は珍しく外食なしだったな。

いやー、なんか家で何食べてるか公開するのってこっぱずかしいね。(←じゃーやるなって話だけども)

でもこれでも日本にいる頃よりはちゃんと作ってるのよ。

家族揃って毎晩食卓を囲めるってのが何よりやる気にさせるし、ほんと幸せだなーって思います。

        gohan8.jpg





このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | シンガポールの食べ物 | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT