| PAGE-SELECT | NEXT

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

リペからランカウイでの大晦日

旅行は断然ヨーロッパなんかの都市観光が一番だと思っていたけど、リゾート、そして海も好きだと思わせてくれたリペ。

そのリペを延泊までしたので満喫したなーという気持ちいっぱいで帰りのフェリーへ。

langkawitabi8.jpg


フェリーから飛行機乗り継ぎは十分時間を取った方が焦らなくていいという判断からランカウイにもう1泊することに。

リペからランカウイのホテルについてしばらくホテル前のビーチでのんびり。

リペから来るとランカウイの海は全然透明度がなく入る気にもならず、父子はなぜか相撲をとりはじめる。

lankawitabi1.jpg


すっかり海好きになった私はせっかくなので海に飛び込んでみたけど、やっぱり透明度の低い海は怖くて、

すぐに出てきてしまった。

やっぱり綺麗な海じゃないと泳ぎたくない。


この日は大晦日。


大晦日ディナーはチェナンで一番観光客に評判のいいOrkid Riaという中華料理屋で。

    lankawitabi2.jpg


シンガポールにもよくある中華屋という感じなんだけど、シーフードもお酒も値段はシンガポールの

三分の一くらいだから満足満足。

ホテルに戻るとカウントダウンパーティをやっていたのでちょっと覗いてみたらあまりにもダサかったので、

ビーチに繰りだしたら大賑わい。

たくさんの人が灯篭を空に飛ばしていて、それがすごく幻想的で綺麗でしばらく見とれていたら、

カウントダウンが始まり、そこかしこで花火がパーンパーンとあがりはじめた。

lankawitabi3.jpg

ベビーカーで寝ていたカヤも起きだして、賑やかな年越しとなりました。


今回の旅行、2泊の旅行延長を急に決めたもんだから、よさそうなホテルはどこも満室だし

値段も普段の2、3倍はするし、旅行費用を抑える為に半年以上も前から計画していたのに、

最終的に予定の2倍くらいの出費に膨らんだけど、思い出は2倍以上に膨らんでるはずだからよしとする。

lankawitabi4.jpg

ランカウイもなかなか楽しいところだったけど、何よりリペ、リペ最高!

langkawitabi9.jpg


ちょっと前までは秘境と言われるくらい静かな島だったらしいけど、

今はすっかり人気になっちゃって人が多すぎるなってとこは否めないけど(年末だしね)

のんびりもできて、適度に賑やかなところがあって、ほんとに快適な島でした。

langkawitabi7.jpg


すっかり海も好きになったし(綺麗な海限定だけど)他のいろんな南の島にも俄然興味出てきた!

次はどこの島に行こうかな!

lankawitabi5.jpg


            lankawitabi6.jpg

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | 旅の思い出 | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

リペ島が私を海好きにしてくれた

ランカウイのホテルを朝早く出て午前中のフェリーに乗って約1時間半、リペ島に着きました。

リペはタイ、ランカウイはマレーシアなので、出国手続きや入国手続きがあるので、

ほぼ午前中いっぱいを移動に費やした感じ。


リペの海、透き通っててすごく綺麗。

Lipe旅7


ホテルの目の前の海でもこの透明度で、ニモみたいな魚がたくさん泳いでるの。

実は私、海よりプール派で、リゾートに行っても全然海で泳いでこなかったんだけど、今回の旅行で覆されました。

透き通った綺麗な海で泳ぐのはほんとに楽しいのね!

濁って中に何がいるかもわからないところに浸かるのが怖かったから海が嫌だったんだって気付いた。

          Lipe旅8


リペに着いた日の夕方、カヤが発熱!!!

なのでライクとふたりきりの晩御飯(父さんが看病、、、)。
Lipe旅2


夜にはかなり熱が上がって食欲もないし、辛そうでかわいそうだし心配したけど、なんと次の日には

すっかり元気になり、朝からもりもり食べ、プールにも入りたがったので入れちゃうくらいの、奇跡的な復活っぷり。

Lipe旅4

                  Lipe旅5

せっかくの楽しい旅行が残念だなーと諦めていたけど、たいした影響もなく、本当によかった!

旅の疲れが少し出ちゃったのかな、子供の回復パワーって凄まじいね。

Lipe旅3


今回リペでは毎日プールと海にずっといて、みんなまっ黒になりました。

Lipe旅1


1日はボートをチャーターしてシュノーケリングへ。

       Lipe旅9

↑この場所、水族館の中を泳いでいるかのように色んな種類の魚がたくさんいて。大満足。

ライクも初めてのシュノーケリング体験が楽しかったらしく、プール派だったライクも今回海が好きになったようです。

ホテルの前の海でも十分綺麗だけど、ボートは5,000円くらいで一日チャーターできて

周りの小さな島のもっと綺麗な海をまわってくれるからおススメ!

Lipe旅10


リペは車が殆ど走ってなくて、歩いて島全部まわれるくらいのサイズ感、

でもレストランやみやげ物屋でいっぱいの賑やかな通りが一本あって、そこは夜になるとお祭りかと思うほど賑やか。

でもホテルに戻れば虫の音が聞こえるくらい静かで、上を見上げれば満点の星空。

いろんなものがほんとにちょうどいい島でした。

Lipe旅11


あまりにも居心地がよすぎて3泊だけじゃ足りなくなって急遽1泊延泊することに。

理由はそれだけじゃなくて、フェリーの運航状況を見ていると予定よりだいぶ遅れている感じがして、

これだと飛行機に間に合わないかも、と思ったのもあったんだけど。

最初の3泊はパタヤビーチ側に泊まり、延泊の1泊は反対側のサンライズビーチ側に移動。

サンライズビーチ側はヒッピー色が強く、いい感じのバーやバンガローが多くて、オランダ人がたくさんいた。

Lipe旅12

                 Lipe旅13

パタヤビーチは日本人が多かったけど。


そして食事。やっぱりタイ料理が大好きだわ。

基本旅行中はいろんなお店を試してみたいから、毎回違うお店に行くんだけど、

今回はすごく気に入った店をみつけて毎日1回は必ずそのお店で食べてた。

Lipe旅14


メニューがたくさんあって、何食べても美味しいから、毎日行っても全然飽きなかった。

私たちにはほんと珍しいこと。

リペに行く方、PAPAYA MOMは絶対行くべきですよ!
Lipe旅15



あともう一回だけ旅行記つづきます

Lipe旅16

                Lipe旅6

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | 旅の思い出 | 23:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

ランカウイでマングローブリバークルーズ

次の日はボートをチャーターしてマングローブリバークルーズへ。

ランカウイ2ー3


マングローブが両側に生い茂る川をボートで爽快に飛ばして進んでいくと鷹がたくさん飛んでいるエリアに出た。

ランカウイはブラウン イーグルという意味らしく、島には鷹がたくさん飛んでいる。

その近くには猿がいるエリアがあって、猿の家族を眺めながらぐんぐん進んでいき、クロコダイルケーブへ。

クロコダイルケーブと言ってもワニがいる訳ではなくワニの形をした洞窟、を通り抜けてしばらく行くと、

バットケーブに到着。

ここで一回ボートを降りて洞窟を見に行くんだけど、

「いえーい、バットケーブ!」なんて言ってたライクが洞窟の入り口で怖じ気づき

「外で待ってるー。」と泣きながら叫ぶので、その様子をビデオに撮りつつ私たちだけ洞窟の中へ。

そしたらいるわいるわ、コウモリが。

ランカウイ2ー4


ぎゃー、気持ち悪いね。

これでもほんの一部、これが夜一斉に動き出すと思うと、、、


バットケーブを出たところでも猿に遭遇。
ランカウイ2ー1



そして魚を養殖しているフィッシュファームを見学して約2時間のクルーズは終了。

なかなか盛りだくさんで楽しいツアーでした。

カヤが小さいからまだ無理だったけど、カヤックでのマングローブツアーもあるのでそっちも面白そう。


その後はまたもライクのリクエストでワイルドライフパークへ。

入り口で主に生野菜が入った袋を買って、園内の動物にひたすら餌をあげまくるという修行。

ランカウイ2ー2
そんな広大な場所ではないんだけど、結構な数の動物がいて、ここで3時間くらい過ごしたかな。

旅行中にわざわざこんなことしなくてもと思うけど、ライクもカヤも終始大興奮で楽しそうにしていたから、まあいいか。

こんなところ子供が小さいときじゃないといかないもんね。


その後はふつか連続でチェナンというランカウイで一番観光客が集まる賑やかなビーチエリアに行ってごはん。

ランカウイ、ごはんはいまひとつ。

すっごい美味しいものがあるわけでもなくまずいわけでもなく。

次の日からのリペ島に向けて早く休みました。


(おまけ)
E.T.がいたよ。
ランカウイ2ー6

オランダからのプレゼントにテンションがあがるふたり。
ランカウイ2ー5


〜リペ旅行記へつづく〜

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | 旅の思い出 | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

あけおめ!ランカウイ旅行記1

明けましておめでとうございます。

我が家はクリスマスイブからマレーシアのランカウイ島→タイのリペ島への旅へ出ており、

元旦にシンガポールに戻ってきたので、クリスマスっぽいことも、お正月っぽいことも一切何もできずに、

今年も年が明けた実感が全くありません。

ランカウイ1−3



ではでは、早速旅行記からの新年スタート。

まずはシンガポールから飛行機で1時間半のランカウイで3泊。

ランカウイは海のリゾートっていうより山がたくさんある自然豊かな島って感じ。

観光スポットもいろいろある割と大きな島なので車がないと移動が不便、ってことで

三日間レンタカーを借りて快適に観光しました。


一番気に入ったスポットはケーブルカーに乗って行く海抜700M、ランカウイで2番目に高い山からの絶景。

このケーブルカーに乗る為の列がめちゃくちゃ混んでいて、軽く2時間は待つんじゃないかと思っていたら、

倍の料金(ひとり1500円が3000円になるくらい)を出せばエクスプレスレーンに並べて

行列をスキップして乗れることが判明。

そりゃ、倍出すでしょってことでエクスプレスを買ったら大正解。

気持ちよく行列をすっ飛ばし、案内されたのは底がスケルトンのゴンドラで、しかも我が家だけの貸し切りで乗れた。

通常、スケルトンはまたプラスでお金がかかり、貸切にするのにもプラスでお金がかかるからそれだけで、

だいぶ儲けもん。

ただ、スケルトンのゴンドラ、、、かなりの急角度でぐんぐん上がっていくし、風でゆらゆら揺れるし、

底はスケスケだし、変な汗かきながら、みんなでギャーギャー叫びながらの時間は死ぬかと思う程だったけど、

強烈な思い出となったよ。

       ランカウイ1−1



そうそう、今回ライクのクリスマスプレゼントとしてGo proを買ったので持っていったんだけど、

このゴンドラ内でのビデオ、面白いのが撮れてました。

ケーブルカーの終着点には展望台と天空の橋が。

この天空の橋もスリル満点で足がすくみながらもなんとか往復してきたよ。

ランカウイ1−2

今更だけど、私、高所恐怖症なんだよね、信じてもらえないだろうけど。


しかしこの絶景!ランカウイに来たら絶対行くべき場所!

ランカウイ1−4



その後はライクのリクエストでクロコダイルファームへ。

        ランカウイ1−5


そんなに大きい施設でもないし、古臭くてしょぼい感じだから全然期待してなかったんだけど、

ハラハラするショーもあったり、ベビークロコダイルを抱いて写真を撮れたり意外と満喫。

ランカウイ1−7


この写真撮ろうと言ったのはライクなのに、いざとなったらビビっちゃって爬虫類苦手な私が抱くことに。

ランカウイ1−8

なかなかいい写真が撮れたからいいけどね。




ランカウイ旅行記2へつづく


おまけ
父さんが瞑想をしていたら、その膝に座って真似するカヤ。

このずるい目の瞑り方は大人がやろうとしてもできないかわいいやつ。

ランカウイ1−6

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | 旅の思い出 | 00:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

2回目のロングテールボートの旅

クラビ旅行のつづき

2回目にロングテイルボートを借りて行ったのはHong LagoonとHong島。

船に乗り込んだらなぜか船頭さんのお子様、ぼっちゃんふたりも乗り込んできた。

           クラビ2回目船7

その日は日曜日だったからね、きっと父さんが子守りを兼ねて仕事に連れてきてるんでしょう。

上の子がちょうどライクと同じくらいで、ずっと一緒に遊んでくれてよかった。

言葉も通じてないのにね、すごいね、子供たちは。


まずは船で40分くらい乗ってたかな、Lagoonに行って船から飛び降りて泳ぐ。

大人は余裕で足がつくくらいの深さだったので泳ぐっていうより歩き回るって感じだったけど気持ちよかった。

クラビ2回目船6


クラゲがいて何度か足に触れたからびびったけどね。



20分くらい遊んでHong島へ移動。

クラビ2回目船3


ここは砂浜エリアがだいぶ狭いけどトイレや小さな食堂があって長時間のんびりするのにちょうどいい感じ。

         
                クラビ2回目船5


シートをしいてゴロゴロしながらビール飲んだり、泳いだり、食堂でごはん食べたりウィスキー飲んだり

たっぷり3時間くらい過ごしました。

クラビ2回目船4

帰りのボートでは子供たちみんな爆睡。

みんなたっぷり遊んだもんね。

男の子4人がいたらこんな感じなのかね、賑やかで楽しいロングテイルボートの旅になりました。

ライクも遊び相手がいてくれて1回目より2回目の方がずっと楽しかったみたい。

私も島の設備の快適さ、ビーチの雰囲気、今回いくつか行った島の中で総合的にHong島が一番よかったかな。

しつこいけどロングテイルボートの島めぐりお薦め、絶対またやりたい!



さて、タイの何が好きって、いろいろあるけど何より料理が大好き。

クラビは観光地なのでちょっと値段が高めだなと思ったけど、それでもシンガポールに比べたら全然安くて毎日食べまくりました。

すっごい美味しいレストランに行ったわけじゃないけど適当に入ったところもそれなりに美味しくて

3食タイ料理でも全然ウエルカム!

クラビ2回目船9

                      クラビ2回目船8

海辺でサンセットを見ながら食べるタイ料理、最高だぜ。

               クラビ2回目船2



またすぐにでも行きたい、タイ。

次はいつ行けるかな。

クラビ2回目船1

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | 旅の思い出 | 23:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT