2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

さよなら ポロリ。

昨日ポロリとさよならをしました。

ポロリとはオランダに来てからずっとお世話になっていた車、ワーゲンのポロ。

一緒にパリに行ったり、ドイツに行ったり、小さいのに力持ちで持久力があって頼もしかった。

既に10万キロ以上も走ってるし、生後12年も経ってるので、日本だったらとうに大往生していてもおかしくはないんだけどね。

オランダは車が高く、もう動かなくなるまで乗り潰す国なので、そんな彼にも新たなオーナーが簡単に見つかりました。

新しいオーナーにもかわいがってもらって長生きしてくれるといいな。

DSCF4l975 (1)



そして仕事も昨日で終了。

2年半しか働いていないけれど、いろんな経験をさせてもらって、妊娠中や産後もいろいろお気遣い頂いて、

本当にこの会社で働けて幸せだった。

こんな恵まれた環境は日本に帰ったらなかなか難しいだろうなと思うとかなり名残惜しい。



仕事環境は断然日本よりオランダのほうがいいです。

日本のサラリーマンに戻ることを考えるとちょっぴり憂鬱。

まずあの通勤電車が、、、

やめやめ、今は考えるのやめとこう。

             DSCF4l975 (2)

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | オランダの日常 | 17:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

ふわっふわな毎日

先週末より重い腰をあげて、ようやく引越し準備にとりかかりました。(←遅いっ!!)

来たときはスーツケースひとつと段ボール1箱だけだったのに、この3年半できるだけ荷物は増やさないように

努めてきたつもりなのに、やっぱり意外とあるのね。

いらない服は近所の衣類リサイクルボックス(赤十字運営)に入れて、電化製品や小物は友達にあげたり

オランダの日本人売買サイトで売ったりして、だいぶすっきりしてきた。


オランダでは皆ものを大事に使うので、日本ではもう誰もそんなのいらないでしょっていうようなものも、

たいてい誰かがもらってくれる。

まだ使えるようなものをゴミ置き場に置いておくと誰かが持ち去っていくのは当たり前で、実際私達が置いた

ものもすぐに無くなっていた。ほんの数分後には、、、

私もゴミ置き場にあったものを何度か頂戴したことがあるしね。


              DSCF4s52 (1)


私は結構このいらないものを整理していく作業が好きで、がんがん捨てられるタイプ、

なんだか脱皮をしている気分。すっきりするんだよね。


調子に乗りすぎて「あ、あれまだ使えたかも。」って後から思ったり、旦那に「え?なんであれ捨てちゃったの?」って

怒られたりの失敗もあるけど。


もう無駄なものは買わないようにしようって引越しの度に思うんだけど、生活しているといつの間にか持ち物は

増えていく。

シンプルに生きたいものです。


と言いつつ、昨日旦那が前からどうしても持って帰りたいと言い張っていたやつを買っちゃいました。

これ、ファーストバイク(最初の自転車)って言ってオランダでは殆どの子供が自転車に乗る前に乗るやつ。

DSCF4l975.jpg


これでバランス感覚が養われるので、補助輪をつけて練習する必要なく自転車に乗れるようになるみたい。

今セールをやっているBijenkorfで80ユーロのものが50ユーロになっていたの。

フランスデザインのおしゃれさんです。

足が届くのはいつになることやらって感じですがオランダの思い出に。

              DSCF4l975 (3)


クロアチア旅行あたりから旅行が続いたり帰国準備を進めたり、なんだか毎日が非日常でリアルじゃない。

ずーっと地に足がついてない感じというかふわっふわしちゃってる。

大変だけど、でもこういうの嫌いじゃないんだよな。

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | オランダの日常 | 14:58 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

だんだんリアルになってきた

先週金曜の夜は親しい友達がうちに集まり、さよなら会を。

と言ってもいつもの通り、飲んで食べてしゃべって、全く帰るという実感はまだ湧かなかった。

             DSs4994.jpg


土曜の夜は友達主催のイベント「TSUBAKI」へ。

日本の祭りがテーマのパーティ、たくさん友達が来ていて楽しかった。

日本酒を飲んだりしてふわふわしていまい、話したかった友達たちとあまり喋れなくて少し残念、、、

まだ最後だっていう実感が全然湧かなかったんだもん。

DSs4994-(3).jpg


昨日はいつもお世話になっている和子ちゃんに、残していく物を友達の家に運ぶのを手伝ってもらった。

最近ずっと会っていたアレッサンドロに最後の挨拶をするとき、やっと「ああ、もう帰るのか。」と急に思い

初めて泣いてしまった。

                 DSs4994-(2).jpg

アレ達は絶対日本に遊びに来てくれると確信しているけど、もうこんな小学生並みに気軽に遊べなくなると思うと寂しい。

ライクの成長をずっと一緒に見てきてくれたので、昨日はライクがたくさん歩く姿を披露できてよかった。

次に会うときはいくつかライクがイタリア語をしゃべれるように練習しておくからね。



こんな浮かれた自転車スタイル、アムスではよく見かける普通の風景。

これが普通に見られなくなっちゃうのは寂しいなぁ。

DSs4994-(1).jpg

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | オランダの日常 | 13:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

離乳食いろいろ

ライクはだいぶいろんなものが食べられるようになってきたけど、まだ一応離乳食を食べている。

旅行中私達が食堂で食べまくっている間も、かわいそうだけどライクには市販のベビーフードを食べさせている。

オランダでは離乳食は作るものではなく買うものと思っている人が多いので、まあまあベビーフードの種類はある。
           DSCF4148.jpg

と言っても日本とは比べ物にならないほど少ないけど。(↑オランダのベビーフード)



クロアチア旅行のときは、オランダから数食分しかベビーフードを持っていかず大変だった。

クロアチア人は皆ちゃんと離乳食を作るからか、ベビーフードの種類が少なく、

フルーツ系をすり潰したものばかりで1歳用のベビーフードは殆どなかった。


驚いたのは4ヶ月くらいからチョコレート系のベビーフードやドリンクがいくつもあったこと。

チョコレートは刺激が強そうだから4ヶ月じゃ早いよね。日本じゃそんな早くから食べないよね。

ライクもまだ未経験だし。

         nSCF5031.jpg



そしてイタリア旅行ではクロアチアの反省を踏まえて、オランダから10日分のベビーフードを持っていった。

案の定、イタリアでも離乳食は作る人が多いのか1歳用くらいのベビーフードは見つからなかった。


でも面白かったのがベビーフードの内容。

DSCF4459.jpg
4ヶ月から牛に豚に、うさぎ?に七面鳥に馬???

DSCF4457.jpg

こんな小さい頃からうさぎや馬などいろんなお肉を食べてるのね、、、恐れ入りました。



国によって赤ちゃんの食事事情も全然違うのね。

いろんな国の離乳食を見て廻るのって楽しいかも。




昨日の空、綺麗だったね。

         nSCF5031-(1).jpg


このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | 旅の思い出 | 09:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

ありがとう オランダ

ついに日本に帰国しました。

帰国日前日はすっかりなにかとお世話になってしまった和子ちゃんの家に家族で泊めてもらって、

最後の晩餐はCafe Loetjeというステーキが美味しくて有名なお店でオランダ飯を満喫。

           DaCF5109 (6)

この日は3人で3本のワインを開けてたくさん笑って、緊張してよく眠れない夜を過ごしました。




出発の朝、市役所に返さないといけないIDカードを返し忘れていたことに気づいて市役所へ。(やらかした!)

その後、最後に街を散歩してお昼にオランダ名物Pannekoeken(パンケーキ)を食べた。
DaCF5109.jpg

美味しかった。(夢ちゃん情報ありがとう)

そうだ、その前にこちらもお世話になったオランダ名物ハーリングも食べたんだった。
             DaCF5109 (8)



飛行機で運ぶ荷物は預け荷物がマックスの56キロ、手荷物は見つかったら怒られるくらい持っていたので、

Cocomama家族にも手伝ってもらって車2台で空港へ。

最後のお別れの瞬間、3年半の思い出がフラッシュバック、涙が止まらなかった。

言葉にしたら泣き崩れてしまいそうで「ありがとう。」すらまともに言えなかった。

DaCF5109 (1)

3年半前、誰も知り合いのいないオランダにひとりで来て心細かったこと、それからたくさんの素敵なお友達ができて

楽しかったことがほんとぱーーーーっと浮かんで胸がいっぱいになった。



そして飛行機の中で皆からもらった寄せ書きを読んでひとり号泣。(いや、号泣するのわかってて読んだんだけどね)



今、まだ日本に遊びに帰ってきている気分だけど(←まずい!)これからずっと日本にいるっていう気がしないけど、

ぼちぼち地に足つけて生活始めます。

日本の皆さままたよろしく。

遊び、飲みのお誘い、お待ちしております!


そして最後に、オランダに感謝を。

ほんとにオランダに来てよかった。

みんなに出会えてよかった。

オランダでの3年半は私たちの財産。

いい経験をさせてもらって幸せだなーと心から思います。

                nSCF5031-(2).jpg


またいつか絶対遊びに行くからね。

どうもありがとう。


DaCF5109 (5)




PS
ブログはまだ続けるつもり(そのうち全て一新して)なので、また遊びに来てくれると嬉しいです。よろしく。

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | ご挨拶 | 02:35 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT