2015年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年01月

| PAGE-SELECT |

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

ついに卒業 おめでとう

最後に髪が元気よく立っていた日、これ以来立つ髪を見ていない。寂しい。
卒業コンサート4



さて先日ライクの保育園の卒業コンサートがありました。

今年はついにライクが卒業。

毎年自分の子供が卒業するわけではないのに号泣だった私、当事者になってどうなることかと思ったけど、

やはり号泣せずにはいられなかった。

必死に我慢したけどね、無理よね。


昔シンガポールがマレーシアの王様に発見されたときのシンガポールの昔話的な劇があり、

ライクは準主役ともいえる王様のお付きの大臣という大役。

英語と中国語でしっかりなりきって喋っていて、ほんとうに大きくなったなとまた涙。

卒業コンサート5

ライクの得意なダンスが発揮できる場面がなかったのが少し残念だったけど、

舞台で堂々と演じる姿が見れて感動しました。

ライク、やるな。


来年小学校に入るライク、1月からローカル小学校に行かせようと思っていたけど、なんとダメでした。

最近シンガポールのローカル教育が人気で、ローカル小学校に入れたい外国人が急増しているので、

少ない外国人枠に入りこめませんでした。

1年生からの入学は試験などなく、どういった基準だかはよくわかんないのだけど教育省が生徒を選抜し合否通知が家に届く

という流れなんだけど、とにかくダメでした。

シンガポールに来てからのこの3年間ずっとローカル保育園に通い、英語は塾に行き、

中国語も家庭教師をつけてがんばってきたのにほんとショック。

ショックすぎて蕁麻疹が出てきてしまったくらい。


私たちは日本に帰る予定は今のところないので、できるだけローカルに近い生活をしたいなと思っているのに、、、残念。

まあ、ダメなものはダメなので今年は諦めてとりあえず別の学校に行って、来年秋に編入試験を受けて再挑戦しようと思います。

編入試験は英語と算数だけなので、中国語はとりあえずお休みして英語と算数に集中。

ライクには負担も増えるだろうしかわいそうな気もするけど、ライクもローカル小学校に入るのを楽しみにしていたので

1年はとりあえずがんばってもらおう。

ふーっ、どうなることやら。

でもほんとライクが明るく頼もしく成長していることが何よりありがたい。

卒業おめでとう!

(まだ12月いっぱいは保育園あるけどね)


最近はまってるゴーストバスターズの寸劇をひとりで演じているライク
       卒業コンサート1

卒業コンサート2
なんかいろいろおもしろい。

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | Rijk6歳〜 | 00:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

カヤ9ヶ月とTOTEM

カヤは12月10日で9ヶ月を迎えました。

TOTEMいく5


月誕生日に撮る予定の写真、今回は2日遅れ、、、最近うっかり当日に撮れなくてすまん、カヤ。

忘れないように携帯のアラーム設定してるんだけど、日々バタバタしてて忘れてしまうんだよね。

しかも人に今何ヶ月か聞かれても、あれ8ヶ月だっけ、9ヶ月?なんて言っちゃってとっさに答えられないいい加減さ、すまん、カヤ。

最近、匍匐前進型ではない普通のハイハイもするようになりました。

ライクは匍匐前進型しかしなかったので、新鮮です。

そして先日はついに突発性発疹をやりました。

これからはちょくちょく風邪をひいたりするようになるのかな。

たくさん風邪もひいて免疫をつけて強い大人になるんだぞ。

           TOTEMいく3


先日シルクドソレイユの公演「TOTEM」に行ってきました。

カヤにはまだ刺激が強すぎるので、家でメイドさんに見てもらってお留守番、すまんカヤ。

場所はマリーナベイサンズの隣の敷地に建てているテント。

シルクドソレイユの公演は昔友達と一緒にアレグリアに一度行ったっきり。

一言でいうとおしゃれなサーカスというイメージで、かなり感動した思い出があったので、

まだシルクドソレイユ未体験の旦那と何よりライクを連れていきたくて。

チケットは3人分で約4万円もしたけど、母ちゃん大奮発しちゃったよ。

直前に旦那とビールと芋焼酎を注入して気持ちを盛り上げ、約3時間の公演飽きることなく楽しみました。

あ、旦那は注入しすぎて途中20分くらいうつらうつらしてたから、その度に渇を入れて寝かせませんでした。
(ウン万円がもったいない)

やはり一番喜んだのはライク、ずっとステージに釘付けで、気付くと家でもTOTEMにインスパイアされたと思われるダンスを

ひとり黙々踊ってます。

今回の演目はコミカルに走り過ぎるなと思うところがあり、正直アレグリアを見たときほどの感動がなかったんだけど、

たまにはこんなエンターテイメントも必要だなと。

ライクにもきっといい影響を与えたことでしょう。

                 TOTEMいく2


それにしてもこのTOTEM、私たちがちょうどアムスを帰る頃にアムスでやっていたんだよな。

あれから5年も世界中をまわって大勢の人々の前で公演をやり続けてるなんて。

大変だろうけど素敵なお仕事だなと思いました。

来年2月から日本でも公演が始まるみたい。

興味のある方は是非!

TOTEMいく1
命!

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | 未分類 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |