2016年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年01月

| PAGE-SELECT |

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

板についてきた弁当生活

今年小学生になったライク。

bentoseikatsu11.jpg


小学校では給食を出してくれないから、毎日弁当を作ることになった。

と言っても前の日の残り物を入れて、おにぎりを握って、おかずが足りなければ卵焼きを焼くくらいなんだけどね。


どうせお弁当作るなら1個も2個も変わらないってことで私も漏れなくお弁当生活が再開しました。
(お昼休みにせっせと乳搾りしなきゃいけなかった時期もお弁当生活してたから再開)

ライクの家を出る時間も早くなり、今までより20分も早起きしなければいけなくなり、

めんどくさいわーと最初は思っていたけど、慣れてくればお弁当のが断然いいわ!

シンガポールも5年目となればホーカー飯もさすがに飽きてくるし、何よりヘルシーだしね。

          bentoseikatsu6.jpg


どうせなら旦那の分も作って旦那の健康管理(建前)とランチ代を浮かせたい(本音)ところだけど、

頑なに拒否されてる。

昼休みくらい外の空気吸って家庭とは違う味が食べたいっていうのもサラリーマンとして分かるから

無理強いはしないけどね。


ということで最近の私のお弁当コレクショ~ン。

唐揚げモリモリ弁当
bentoseikatsu1.jpg

とんかつ弁当
bentoseikatsu3.jpg

茹で鶏弁当
bentoseikatsu4.jpg

一杯やりたくなるおでん弁当
bentoseikatsu2.jpg

ステーキ弁当
bentoseikatsu7.jpg

珍しく白米だった日の日の丸弁当
bentoseikatsu9.jpg


メイドさん特製ミートボール弁当に常備つまみのレバー弁当(レバーって弁当にあり?)
bentoseikatsu5.jpg



はい、公開するほどのもんじゃあないけど、毎日がんばってるよーっていうアピールです。


これでも最初の頃のほぼ茶色一色弁当に比べると随分グッドルッキングになったんだよ。

枝豆とプチトマトを入れるだけで彩りよくなるってことに気付いてね。


そしてお気づきでしょうか、私の無類のたまご好きに!

枝豆、たまご、プチトマトでお弁当の信号カラーで彩りよく。

すっかり習慣づいたのでこれからライクの弁当が続く限り弁当生活でやってくつもり!




全然関係ないけどカヤは積み木をちゃんと積む人。

ライクがこれくらいのときは積み木は積まずに壊す専門だったけど。

誰に似たんだか集中力があって几帳面なんだよな〜。

何より、唯一買った高いおもちゃ(2万円くらいした!)のアムステルダムの街モデルの積み木が

無駄にならずに母さんは嬉しい限り!

      bentoseikatsu8.jpg


そしてカヤも私の絶壁頭に似ずに頭の形がよいのも嬉しい限り!

bentoseikatsu10.jpg
この綺麗に丸い後頭部がほんとに羨ましいのです。








このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | シンガポールの食べ物 | 00:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

初めての鍼

生まれて初めて鍼治療に挑戦しました。

hari3.jpg



原因不明の頭痛に悩まされてたうちの旦那が、鍼治療に通って劇的に快復する姿を身近で見て、

デスクワークからくる肩こりに地味に悩まされてた私は俄然鍼をやってみたくなっていた。

ただ先の尖ったものが苦手な私、自分に打たれてるのはもちろんテレビの注射のシーンでさえまともに見れないくらい。

そんな私が悩みに悩み、ついに旦那がお世話になった先生、Raffles Medicalの日本人、渡邊先生の鍼にいってきました。


まずは問診で肩こりが酷くて頭痛がする、慢性的な目の疲れなどの症状を話す。

そしてベッドの上に仰向けに寝るやいなや、足の脛、お腹、腕と身体の表面にみるみるうちに鍼が刺されてゆく。

あまり何も感じないところもあれば、ちくっとしてズブっと痛いところもあったり、

神経がビンビン刺激される場所もあったりと、次のひと鍼がどうくるか予想もできず、

手に汗を握りながら打たれるがままに打たれる私。

時折我慢できず漏れる「ううっ」という声。


そして顔。

先生の治療は何か所打っても料金が一律らしく、どうせやるなら美顔効果もある顔もやりましょうってことで

顔もやってもらうことにした。

顔は皮が薄いからか、身体以上にちくっと感が大きく、顔中に注射を打たれている気分。

「痛いっ!痛いっ!」ってひと鍼ごとに叫んでるのに先生の動きは変わらず。

先生、かなりのドSと思われる。

顔、頭も打ち終わった後、写真を撮りましょうかとおっしゃる先生にお願いして撮ってもらった写真がこちら。
不快な写真をほんとすいませんが!




hari1.jpg

ひーーーーーーーーっ。

「ははは、これはすごいね。少し演出入っちゃいましたね。」と先生。

演出かーーーーーーーーーい!!!

それから全身に鍼が刺さったまま放置されること15分。

初めは頭が痛く、落ち着いてきたなーと思ったら足、顔、頭、腕といろんな箇所で順番にズキーン、ズキーンとしたり、

あったかくなったり、引っ張られる感じがあったりとじっとしているだけなのに

(いや、鍼が全身に刺さっているんだけど)身体中の細胞がざわついているのを感じ、

今までに経験したことない不思議な15分間を味わう。


そこへ先生が「どうですか、眠れました?」と戻ってきた。

眠れるかーーーーーーーーい!!!


表面の鍼をさくさくと抜いて次はうつぶせになって裏面へ。

裏面もやばかった。

別に痛くないと思っていた腰もかなりきてたし、一番の悩みの肩はもちろん、

気を失う人がいるというのも納得の首はズドーンと衝撃の痛みでした。

そして最後に後頭部をズブズブ容赦なくさされるというクライマックスを迎え約1時間半の施術は終了。

施術後すぐに目がぱっちり開いている感覚があり、顔色もよくなったのは即効感じました。

その後、4日くらいはマッサージでいう揉み返しみたいな身体が重いような状態が続き、それが終わった途端、

ほんとにスッキリ!!!

今まで肩に一枚板が入っているような突っ張っていたものがすっかりなくなり、身体全体が軽くなりました。

この施術を2回して今かなりいい状態をキープしてます。

マッサージや整体より、よく効いて効果が長続きする。

マジで怖かった、痛かったけど、こんなに効果があるなら、

またほんとにやばくなってきたときにはお世話になろうと思う。

hari4.jpg


因みに料金は全部で100ドル(約8,000円)、Rafflesというちゃんとした病院だし、

全身やってもらえばかなりお得でおススメ。


でもほんと、痛いから覚悟してね。





季節感の全くないシンガポールで今年も年末感を全然感じていませんが、

hari5.jpg


皆様、素敵なクリスマス、お正月をお迎えください!

       hari2.jpg


このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | シンガポール雑記 | 23:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |