2016年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年02月

| PAGE-SELECT |

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

あけおめ!ランカウイ旅行記1

明けましておめでとうございます。

我が家はクリスマスイブからマレーシアのランカウイ島→タイのリペ島への旅へ出ており、

元旦にシンガポールに戻ってきたので、クリスマスっぽいことも、お正月っぽいことも一切何もできずに、

今年も年が明けた実感が全くありません。

ランカウイ1−3



ではでは、早速旅行記からの新年スタート。

まずはシンガポールから飛行機で1時間半のランカウイで3泊。

ランカウイは海のリゾートっていうより山がたくさんある自然豊かな島って感じ。

観光スポットもいろいろある割と大きな島なので車がないと移動が不便、ってことで

三日間レンタカーを借りて快適に観光しました。


一番気に入ったスポットはケーブルカーに乗って行く海抜700M、ランカウイで2番目に高い山からの絶景。

このケーブルカーに乗る為の列がめちゃくちゃ混んでいて、軽く2時間は待つんじゃないかと思っていたら、

倍の料金(ひとり1500円が3000円になるくらい)を出せばエクスプレスレーンに並べて

行列をスキップして乗れることが判明。

そりゃ、倍出すでしょってことでエクスプレスを買ったら大正解。

気持ちよく行列をすっ飛ばし、案内されたのは底がスケルトンのゴンドラで、しかも我が家だけの貸し切りで乗れた。

通常、スケルトンはまたプラスでお金がかかり、貸切にするのにもプラスでお金がかかるからそれだけで、

だいぶ儲けもん。

ただ、スケルトンのゴンドラ、、、かなりの急角度でぐんぐん上がっていくし、風でゆらゆら揺れるし、

底はスケスケだし、変な汗かきながら、みんなでギャーギャー叫びながらの時間は死ぬかと思う程だったけど、

強烈な思い出となったよ。

       ランカウイ1−1



そうそう、今回ライクのクリスマスプレゼントとしてGo proを買ったので持っていったんだけど、

このゴンドラ内でのビデオ、面白いのが撮れてました。

ケーブルカーの終着点には展望台と天空の橋が。

この天空の橋もスリル満点で足がすくみながらもなんとか往復してきたよ。

ランカウイ1−2

今更だけど、私、高所恐怖症なんだよね、信じてもらえないだろうけど。


しかしこの絶景!ランカウイに来たら絶対行くべき場所!

ランカウイ1−4



その後はライクのリクエストでクロコダイルファームへ。

        ランカウイ1−5


そんなに大きい施設でもないし、古臭くてしょぼい感じだから全然期待してなかったんだけど、

ハラハラするショーもあったり、ベビークロコダイルを抱いて写真を撮れたり意外と満喫。

ランカウイ1−7


この写真撮ろうと言ったのはライクなのに、いざとなったらビビっちゃって爬虫類苦手な私が抱くことに。

ランカウイ1−8

なかなかいい写真が撮れたからいいけどね。




ランカウイ旅行記2へつづく


おまけ
父さんが瞑想をしていたら、その膝に座って真似するカヤ。

このずるい目の瞑り方は大人がやろうとしてもできないかわいいやつ。

ランカウイ1−6
スポンサーサイト

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | 旅の思い出 | 00:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

ランカウイでマングローブリバークルーズ

次の日はボートをチャーターしてマングローブリバークルーズへ。

ランカウイ2ー3


マングローブが両側に生い茂る川をボートで爽快に飛ばして進んでいくと鷹がたくさん飛んでいるエリアに出た。

ランカウイはブラウン イーグルという意味らしく、島には鷹がたくさん飛んでいる。

その近くには猿がいるエリアがあって、猿の家族を眺めながらぐんぐん進んでいき、クロコダイルケーブへ。

クロコダイルケーブと言ってもワニがいる訳ではなくワニの形をした洞窟、を通り抜けてしばらく行くと、

バットケーブに到着。

ここで一回ボートを降りて洞窟を見に行くんだけど、

「いえーい、バットケーブ!」なんて言ってたライクが洞窟の入り口で怖じ気づき

「外で待ってるー。」と泣きながら叫ぶので、その様子をビデオに撮りつつ私たちだけ洞窟の中へ。

そしたらいるわいるわ、コウモリが。

ランカウイ2ー4


ぎゃー、気持ち悪いね。

これでもほんの一部、これが夜一斉に動き出すと思うと、、、


バットケーブを出たところでも猿に遭遇。
ランカウイ2ー1



そして魚を養殖しているフィッシュファームを見学して約2時間のクルーズは終了。

なかなか盛りだくさんで楽しいツアーでした。

カヤが小さいからまだ無理だったけど、カヤックでのマングローブツアーもあるのでそっちも面白そう。


その後はまたもライクのリクエストでワイルドライフパークへ。

入り口で主に生野菜が入った袋を買って、園内の動物にひたすら餌をあげまくるという修行。

ランカウイ2ー2
そんな広大な場所ではないんだけど、結構な数の動物がいて、ここで3時間くらい過ごしたかな。

旅行中にわざわざこんなことしなくてもと思うけど、ライクもカヤも終始大興奮で楽しそうにしていたから、まあいいか。

こんなところ子供が小さいときじゃないといかないもんね。


その後はふつか連続でチェナンというランカウイで一番観光客が集まる賑やかなビーチエリアに行ってごはん。

ランカウイ、ごはんはいまひとつ。

すっごい美味しいものがあるわけでもなくまずいわけでもなく。

次の日からのリペ島に向けて早く休みました。


(おまけ)
E.T.がいたよ。
ランカウイ2ー6

オランダからのプレゼントにテンションがあがるふたり。
ランカウイ2ー5


〜リペ旅行記へつづく〜

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | 旅の思い出 | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。