PREV | PAGE-SELECT | NEXT

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

外国で出産するということ

まさか自分が最初の出産を外国ですることになるとは思っていなかったけれど、現実としてそうなってしまった私。

日本に一時帰国するという選択肢もあったんだろうけどそうしなかった理由を挙げるとすれば、、、

1. MAX16週間の給与付き産休期間だけ日本に帰って産んで赤ちゃんを連れて戻ってって体力的にきついでしょ。仕事を辞めるなんて選択肢はありえないし。

2. 旦那と共に出産イベントを経験したかったから。

3. 出産費用はほぼ全て健康保険でカバーされるので使わないともったいない。
からかなー。


2年以上オランダにいるのに私はオランダ語が全くできないのでこちらの妊娠本などは読めず、妊娠&出産に関わる情報は日本で買った本とインターネットを使って収集している。

となると本で勉強している内容とこっちの実際のやり方とではえらい違いも出てくる訳で戸惑うことも多いけれど困った!と思うことは今のところない。

オランダ語はできないけれどドクターやミッドワイフは英語がばっちりできるし。

出産のときに使う今まで使うことのなかった知らない専門用語、例えば破水、陣痛、いきむとかを覚えとけばなんとかなるでしょって、楽観的すぎるかな。



お産は病気ではなく人間の自然の営みなんだから、基本的には日本であれ外国であれ最終的にやることは同じ、難しく考えることないって考えです。ブヒー。
                   buta.jpg

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | 妊婦中 | 17:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amsmama.blog54.fc2.com/tb.php/3-7fcce59f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。