PREV | PAGE-SELECT | NEXT

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

働く女の出産&育児日記 in オランダ  

ずっと忘れないよ

2012年になりました。

明けましておめでとうから始まりたかったのですが、、、うちではとてもとても悲しいことが。



年明け5日に私たちの大切な家族、ジュジュが亡くなりました。

生まれてからちょうど12年と6ヶ月でした。

1年半ほど前に軽い心臓発作を起こし薬を飲むようになっていたけど、

毎日朝夕2回の大好きなお散歩もできるくらい元気に過ごしていました。

                    juju1 (3)


去年10月に今度は激しい心臓発作を起こし病院に入院し、一時は立つのも困難なほど衰弱、

もうダメかなと思ったけど、また動けるようになってうちに帰ってきました。


でもやっぱり今まで通りとまではいかず、呼吸が苦しそうなときがあるから、治療用の酸素ハウスをレンタルして使い、

大好きなお散歩もあきらめなければいけなくなりました。

juju1.jpg

たまに私たちが実家に帰ったときは思ったより元気な姿を見せてくれるから、まだまだ大丈夫だと思っていたけど、

着実に心臓は弱っていってるようで、肺には水がたまり、苦しくて眠れない日もあり、

母と妹が寝ずに見守っていたことも多々あったようです。


年明け2日に実家に帰った日の明け方、今までにないくらいの激しい発作を起こし意識がなくなり舌の色が青くなり、

急いで病院に駆け込みました。


機械の肺マッサージを受け、何本も注射を打たれて苦しそうなジュジュを見て、

正直「もうかわいそうだ、楽にしてあげたい。」と思いました。


でもジュジュは驚くほどの生命力を見せてくれて、ちゃんと意識が戻り、舌の色も赤く戻りましたが、

その日は入院することになりました。


次の日、様子を見に行くとジュジュはしっかり立って、私たちの顔を見てしっぽを振ってくれました。

「よかった、元気になった!」とほっとしたけど、もう一日しっかり病院で見てもらうことにして帰りました。

次の朝、病院からジュジュが夜中に亡くなったと連絡がありました。



病院で最後に見た顔が浮かんできて、あのとき抱っこしてあげればよかったと思いました。

無理やりにでもうちに連れて帰ってくればよかったと思いました。

ライクが騒ぐとよくないからって実家に帰るのを控えていたけど、もっと帰ればよかったと思いました。

ジュジュが好きな人間の食べ物をもっともっとたくさん食べさせてあげればよかったと思いました。

旅行とかお出かけとかもっともっと一緒にでかければよかったと思いました。

たくさんのしておけばよかったという思いで胸がいっぱいになりました。

juju1 (1)


ジュジュは目が開いたまま、いつものかわいい顔をしていて、今にも起き上がりそうでした。

私たちが初めてちゃんと飼ったペットなのでこんな経験は初めて、涙が止まりません。

私なんて殆ど実家で生活していないからジュジュとずっと一緒にいたわけでもないのに、

こんなにも悲しみに暮れるとは思いませんでした。


父が中国に単身赴任しているので、母はジュジュとふたり暮らし同然、母の話の聞き役であり癒しであり息子でした。

母の悲しみを思うと、どうしたらよいのか胸が詰まります。



それでもジュジュがうちに来てくれてからの12年半、たくさんの温もりと笑いと癒しと愛情を私たちにくれてました。

感謝でいっぱいです。

ジュジュもみんなからたっぷり愛されて幸せだったと信じています。

もっともっと長生きしてもらいたかったけど、もう苦しんでもらいたくなかったよ。

ほんとうによくがんばったね。

ジュジュと出会えてよかった。

うちに来てくれてありがとう。



そして改めて思いました。

大好きな人たちには、もし明日もう二度と会えなくなっても後悔しないように接しよう。

ありがとね、ジュジュちゃん。

ずっとずっと忘れないよ。

                   juju1 (2)

このBlog結構好きだなーと思う方はコチラを押して下さい。押してくれた方に幸あれ! ためらわないで!! | 未分類 | 23:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ご無沙汰してます。二子のピアレッテ以来かな。
かわいいね、ジュジュちゃん。
そして気持ちよくわかるわ。
祖父母宅に、私も一緒にブリーダーに選びに行って、自分で名前をつけた子がオランダにいる間に死んでしまって。「もっと会いにいけばよかった」とか色々と思ったから、気持ちすごく理解出来る。せつないよね。
特に最後に会いに行ってあげられなかったこととか、すごく悔やんだりもしたけど、でも、きっと天国で待っててくれてるだろうな、と思って写真を家に飾ってるわ。
今、実家にもかなりな老犬がいるので、改めて大切にしてあげなきゃなって改めて思ったわ。

| akko | 2012/02/02 23:02 | URL |

Re: akko

akkoちゃん、ありがとう。
そっか、akkoちゃんはオランダにいる間だったのね、会いに行きたくてもすぐに行けなくて辛かったね。
生きているときはいつでもいてくれるような気がしていたんだけどね。
いなくなっちゃうともっとこうすればよかったって思いばかりが浮かんで悲しかった。
でもほんといつかまた会える気がしてるよ、今は。

実家のわんちゃん、大事にしてあげてね。
長生きしてくれるといいね。

| amsmama | 2012/02/03 22:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amsmama.blog54.fc2.com/tb.php/449-a29b0567

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。